<< 異色の二本立て興行終わる | main | 京都上映レポート後編 >>

スポンサーサイト

  • 2012.07.18 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


京都上映レポート

111211_1326441.jpg
12/11(日)『京都造形芸術大学映画祭』に参加してまいりました。
私は『活弁上映+活弁映画を体験する!』『活弁上映+映画発信について話す!』といった上映にワークショップとトークショー付きのプログラムを行ってまいりました。

場所は元・立誠小学校という廃校でありましたが、なんとこの場所は日本で初めて映画の映写実験が行われたという由緒正しきところ。
「映画が最初にかかった場所という点と、廃校のレトロな風情とレトロな活弁が結びついた…」という実行委員の学生さんの言葉に一抹の不安がよぎった私でありましたが、その学生のリクエストが『レズビアンシティ新宿』だったので一安心。
こうして真昼間(昼の2時過ぎ)に日本映画発祥の地で、私の桃色活弁が行われる事となった訳でございます。
後半に続く…。


スポンサーサイト

  • 2012.07.18 Wednesday
  • -
  • 12:05
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM